株式会社ひたちなかテクノセンター

TEL.029-264-2200 / FAX.029-264-2203

HOME >  電子会計実務検定試験

電子会計実務検定試験

ひたちなかテクノセンターは、電子会計実務検定の試験会場です。

電子会計実務検定試験は日本商工会議所主催の資格試験です。

 

電子会計実務検定試験とは

企業、特に中小企業における電子会計の実践およびこれに対応できる人材の育成に資するとともに、中小企業の会計指針の普及・定着を図ることを目的に、日本商工会議所主催の資格試験として「電子会計実務検定試験」が創設されました。

受験レベル・出題範囲

初級

対象:企業の経理担当者、会計実務に携わる者、および一般社会人、学生・生徒

時間:40分

出題範囲:電子会計データの流れ(各種原始証憑の見方・取り扱い、会計データの入力、各種電子帳簿書類の出力、電子会計データのバックアップとバックアップデータのリストア(復元)等)、電子会計情報の活用(各種電子帳簿書類の見方等)

得点: 100点満点中70点が合格

中級

対象:企業や公益法人などの会計実務及び財務責任者

時間:60分

出題範囲:関連業務等からの業務データ等の活用(購買、製造、販売、在庫管理、給与計算等の関連業務から生成される各種業務データの活用、支店別・営業所別会計等からの会計データの活用 )、電子会計情報の活用(決算書・資金繰り表等による損益の状況や資金の状況のとらえ方等)、電子会計データの保管・管理(電子会計データの保管・管理方法 等)

得点:100点満点中70点が合格